田無混声合唱団
 
HOME  団のあゆみ  指導者紹介  活動日記  団員募集  リンク  お問合せ   団員用


 活動日記 2012年度 

新年会、忘年会、親睦旅行、ボランティアの演奏(出前)、その他いろいろな記録です。


 記事一覧

12/23 西響コンサート出演
12/08 出前(谷戸)
12/01 出前(イリーゼ)
11/03 市民文化祭
 9/16 第15回演奏会
 6/01 井上靖賞授賞式
 5/12 田無公民館祭り
 4/28 出前(イリーゼ)
 3/18 出前(クレイン)
 3/11 FM西東京出演
 1/31 新年会
 1/01 新年のご挨拶

 2011年度

 2010年度

 2009年度

 2008年度

 2007年度(整理中)

「西東京交響楽団 冬のコンサート」友情出演 [2012年12月23日(日)]


「西東京交響楽団 冬のコンサート」に友情出演(保谷こもれびホール)

プログラムの第2部に出演
・美しき碧きドナウ
・諸人こぞりて
・メサイヤからハレルヤ 他

オーケストラと一緒に、最高に贅沢な 演奏を することが出来ました。
西東京交響楽団の皆様、また聴きにいらして下さった皆様、
ありがとうございました。

「谷戸高齢者支援センター」で演奏 [2012年12月08日(土)]


出前コンサート (第68回)
「谷戸高齢者支援センター」にて。
アンコール曲の「諸人こぞりて」は職員の方との合同演奏に展開。

「イリーゼ西大泉デイサービスセンター」で演奏 [2012年12月01日(土)]


出前コンサート (第67回)
「イリーゼ西大泉 デイサービスセンター」にて。
ノリに乗って、30分も演奏延長となりました。

第15回演奏会[2012年09月16日(金)]

創立35周年記念
第15回演奏会を開きました。

 開演 午後2時

 会場 保谷こもれびホール

 曲目 混声合唱曲集「落葉松」
    「ヴィヴァルディが見た日本の四季」他

 指揮 中瀬日佐男  ピアノ・岡崎雅子
 共演 アンサンブル・フェリーチェ

 

   

井上靖賞授賞式に参加(有志) [2012年06月1日(金)]

オーストラリア・シドニーで開催された「井上靖賞」の授賞式に、
我が田無混声合唱団から有志4名(団員3名と奥様)が、
合唱隊員の一員として参加しました。
現在、現地にお住まいの前任ピアニスト藤井裕子先生からのお誘いです。



 シドニー音楽院にて演奏

【井上靖賞とは】
 オーストラリアにおける日本文学研究に貢献した
 研究者に贈られる賞で、今年は第6回目。

【授賞式で演奏した曲】
 井上靖:作詞 田三郎:作曲 
 組曲「残照」から2曲 「モンゴル人」「残照」

 指揮・磯田秀樹先生
 伴奏・藤井裕子先生(前任ピアニスト)

団員の海外派遣にあたっては、他の団員とともに
中瀬先生と藤井祥子先生から、特別にご指導頂きました。
ありがとうございました。

    "旅行記"の詳細は、参加者の○永氏により「田無混声合唱団の日記」に掲載。

田無公民館まつり [2012年05月12日(土)]



”田無公民館まつり”に参加しました。
会場:「きらっと」2階 多目的ホール
曲目:美しく碧きドナウ、流浪の民、 「落葉松」から「瞳、落葉松」

「イリーゼ西大泉デイサービスセンター」で演奏 [2012年04月28日(土)]



出前コンサート (第66回)
「イリーゼ西大泉 デイサービスセンター」で演奏しました。

特別養護老人ホーム「クレイン」で演奏 [2012年03月18日(日)]



出前コンサート (第65回)
西東京市西原町 特別養護老人ホーム「クレイン」で演奏しました。

FM西東京公開生放送特番に出演 [2012年03月11日(日)]



FM西東京公開生放送特番 「復興の支援の輪を広げよう!合唱ハーモニー」に出演。
アスタのたくさんのお客様に聞いていただきました。
またFM西東京、インターネット配信を通して西東京、世界の皆様に
生放送されました。

ホームページ担当 M.H.

新春コンサート&新年会 [2012年01月31日(火)]

新年会の写真
新春コンサート&新年会が開催されました。

  午前中のコンサートでは10数組の演者が競演しました。例年の如くソロ演奏を聴かせてくださる方、パートの合唱、手話演奏とおなじみのものの他、今年はピアノの連弾も加わって大変華やかなものになりました。

  ソプラノはハーモニーもさることながら、「ひまわり」を手作りで表現してみせられ驚かされました。また、アルトはオカリナの演奏を加えて、合唱が豊かに温かくなりました。黒潮会は昨年のコントを期待されながら「遙かな友に」という合唱の定番を大まじめに歌うという…、ただの飲んだくれではないことを誇示。そして声楽集団ヴォーチェアプリート3名の皆様の飛び入り演奏で、「誰も寝てはならぬ」は圧巻でした。その中のお一人は長野からで、テノールの美声を聞かせていただき、団員からはため息が…。団員より上手に歌うんじゃない!ととりあえず言っておきました。

  団長からは「普段では考えられないほど、皆さん熱心に練習しておられて…」と挨拶がありましたが、やるときはやるのです。この熱意を演奏会に切り替えて、頑張ろうという力が出るコンサートでした。皆様ありがとう!

  そして、午後からはお楽しみの宴会です。テーブル狭しと並べられたごちそうの数々。一人一品の持ち込みは、それぞれが工夫を凝らし、腕によりをかけて作ったり、色々考えて買ってきたりしたものです。愛情が一杯詰まったごちそうだから、余計に美味しく感じるのでしょう。

  3時間食べ続け、その間、ランダムに参加者が今年の抱負を語り、食べきれないお料理は持ち帰り…。毎週会っているはずでも、ゆっくり話すことのない団員との交流は本当に貴重で、過ぎてゆく時間が惜しくて仕方ありませんでした。うぅぅ、しゃべり足りない…。

  最後は三三七拍子でお互いの健康と演奏会の成功を祈り、閉会となりました。


 

ホームページ担当 M.H.

2012年1月1日  Season's Greetings

新年明けましておめでとう御座います。

 本年もよろしくお願いいたします。

  田無混声合唱団は今年創立35年を迎え、演奏会も第15回を数えます。そこで、9月16日(日)の保谷こもれびホールでの記念演奏会は、「弦楽アンサンブルとの共演」を企画いたしました。
 
まだ一度もタナコン(田無混声合唱団)の演奏を聴いたことのない方には、是非、この機会にタナコンを知っていただければ幸いです。そして、これまで温かく見守り支えてくださった皆様方に、これまで以上の演奏でお楽しみいただきたいと願っています。皆様の御来場を心からお待ちしています。

好評を博した前回演奏会以降、指揮者の中瀬日佐男先生、新ピアニストの岡崎雅子先生の御指導の下、毎週金曜の練習を重ねてまいりました。
  今回、合唱組曲のステージでは、「落葉松」(作曲、小林秀雄)を演奏いたします。「飛騨高原の早春」、「あなたと わたしと 花たちと」、「瞳」そして「落葉松」の4曲です。昨年10月には「落葉松の秋の雨」を求め、団員有志による軽井沢へのバス旅行も行いました。団員それぞれが感じる「落葉松」や「雨」の色合い、そして旅の収穫が演奏から引き出されるものと思います。

 弦楽アンサンブルと共演するステージでは、信長貴富編曲の「ヴィヴァルディが見た日本の四季」を演奏いたします。春の「花」、夏の「城ヶ島の雨」、秋の「村祭り」、そして冬の「ペチカ」という日本の美しいメロディを弦楽の調べにのせてお届けするという試みです。他の演奏曲(ラシーヌの雅歌、美しく碧きドナウ、流浪の民等)も含めて練習を積み、自信を持って舞台に立ちたいと思っています。御期待ください。

  昨年は、3月の震災を経験し、地元公民館に合唱練習で集える場があることに感謝しつつ、歌に心を託して活動を続けてまいりました。60回を超えた出前コンサートの活動では社会福祉協議会から表彰も受けました。団員も60名を超え、70名に近づいています。団員の心を合せ更に優しく美しいハーモニーをお届けできるようしたいと思っています。

田無混声合唱団 団長 坂本通子

このページのトップへ

inserted by FC2 system