田無混声合唱団
 
HOME  団のあゆみ  指導者紹介  活動日記  団員募集  リンク  お問合せ   団員用


 活動日記 2015年度 

新年会、忘年会、親睦旅行、ボランティアの演奏(出前)、その他いろいろな記録です。


 記事一覧

12/25 忘年会
12/20 出前/グッドケア西東京
12/12 出前/谷戸
11/03 市民文化祭
5/16 田無公民館祭り
4/24 出前演奏/福寿園
4/10 合唱講座
3/02 出前演奏/イリーゼ
1/25 新年会
1/23 公開講座
1/01 新年のご挨拶

 2014年度

 2013年度

 2012年度

 2011年度

 2010年度

 2009年度

 2008年度

 2007年度(整理中)

2015年12月25日(金)  忘年会

 12月25日、練習後恒例の忘年会を開催いたしました。出席者33名。会場は田無駅前「黒潮」。大広間いっぱいに並べられたテーブルに壮観!

 団長の挨拶にはじまり、それぞれのテーブルで話に花が咲き、お酒も進んで楽しい!!やっぱり歌の仲間は良いですね。

  後半は進行役のS女史(ソプラノ)の指名で中瀬先生をはじめ団員が数名ご挨拶。また、ピアニスト裕子先生の新夫(←新妻)様が「関白宣言」の替え歌を歌って、場内大爆笑。新婚生活の中身を覗いたことはないのですが、充分に妄想できる内容でした。ありがとうございました。

  最後はK副団長のご挨拶とともに一本締め、そして記念撮影でお開きとなりました。たくさんお話しして、笑い、飲んでたっぷり堪能した2時間でした。スタッフの皆様、お酒の注文、料理の手配、進行などなど本当にありがとうございました。来年の忘年会が楽しみです。え〜っ!

M.S 記

2015年12月20日(日)  出前コンサート(グッドケア西東京)

「みかんの花咲く丘」から歌った今年最後の出前コンサート

 グッド・ケアさんでの出前演奏は2回目。演奏会場は1階のホール、控え室は眺めの良い6階でした。今回は当日練習なしで、会場玄関集合。事前練習は十分、準備は万全です。集まったメンバーも精鋭!揃い。ピアニストは藤井裕子先生。ただ一つ、男性参加者数でヒヤヒヤしました。男性が一人もいなかったら田無女声合唱団になってしまいます。何とか救われました。麗しい男声一人を中心に右にソプラノ左にアルトと、総勢14人の美しい歌声をお届けすることができました。

 演奏曲は、みかんの花咲く丘、夕焼け小焼け、雪、たき火、広い河の岸辺、キリエ、グローリア、諸人こぞりて、聖夜、お正月、ふるさとの11曲。諸人こぞりて1番は男声ソロ、聖夜にソプラノのオブリガート、曲の合間に挨拶も入れ、最後は手話付きふるさと演奏で終了しました。

 グッドケアスタッフの方は着ぐるみのトナカイ姿で盛り上げ、ホールいっぱいのお客様に一緒に歌っていただいたり、手話で手を動かしていただいたりと、笑顔のある楽しい時間を過ごすことができました。来年も呼んでいただけることを期待して、ハイタッチしながら、会場を後にし、心地よい一日となりました。
 忙しい中参加してくださった団員の皆様、お疲れ様でした。後は25日の忘年会を楽しみましょう。

 
当日の進行担当 M.S 記

2015年12月12日(土)  出前コンサート(西東京谷戸高齢者在宅サービスセンター)

  12月12日(土)西東京谷戸高齢者在宅サービスセンターに出前コンサートに行ってきました。スタッフ合わせて30名ほどのお客さまでした。いつも思うのですが、私達とあまり年が変わらない?は言い過ぎですが、背筋もきちんと伸ばしておられて、大きな声で一緒に歌ってくださるので、お友達に会いにいっているような感覚です。

 今回は特別ゲストとしてローマ法王がお出ましになり、ありがたいお言葉と「もろびとこぞりて」の歌のプレゼントをしてくださいました。外見はローマ法王というより、煙突からでてきたサンタさんみたいで、中身もツッコミどころ満載。受けるかスベるかのぎりぎりのところで、会場を大いに沸かせてくださいました。

  皆さんに歌のプレゼントをしようと思っていったのに、私達がたくさん笑わせてもらって、短い時間でしたがとても楽しかったです。歌の出来栄えは…。頑張りました。毎年呼んでいただけることに感謝して、これからも練習に励みます。センターの皆様、タナコンのスタッフの皆様ありがとうございました。

M.H.記

2015年11月3日(火祝)  市民文化祭

 

 27年度第15回西東京市民文化祭合唱の部に出演しました。今回は11月2日と3日に分かれての開催となりましたので、合唱団が一堂に集まることはできませんでしたが、2日目も朝からたくさんのお客様にご来場いただき各団体が日ごろの練習の成果を発表いたしました。

 私たちは午前9時15分に保谷駅前公民館に集まって1時間の事前練習をして、徒歩・バスなどでこもれびホールに移動。今年はできるだけ他団体の演奏を聴きましょうということもあり、ぎりぎりまでホール内にいて、音楽を楽しみ、そして自分たちの演奏となりました。

演奏曲は「夕焼小焼・地球の歌・蔵王讃歌」。ハーモニーが難しかったり、リズムに苦しんだり、ブレスの位置に戸惑ったり…、指導者の先生にはたいへんなご苦労をお掛けました。3回の練習では思うような内容にならなかったと思います。なんせ、田無混声合唱団ですから…(笑)。人柄はいいんですけどね、歌柄は??

ただ、今後のアドバイスなどもいただき、まだまだ伸びしろのある魅力的な合唱団だと思っていただいたと確信しています。何の根拠もありませんが。トホッ

ご来場いただいたお客様からは素晴らしかったとたくさんの賛辞をいただき、いやはや照れるなあ。団内からは男声が素晴らしかったという自画自賛も聞こえてきて…、なんせ田無混声合唱団ですから(笑)。本当に幸せな人たちです。

ご来場いただいたお客様ありがとうございました。一年間この日のために会議を重ね、当日もスタッフとして働いていただいた文化祭担当委員の皆様本当にありがとうございました。来年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。


当日の朝も練習  (指揮 岡本俊久先生)

M.H.記

2015年5月16日(土)  田無公民館まつり

 

 田無公民館まつりに出演しました。
この日は「田無公民館」とお隣の「きらっと」を会場として、さまざまな講習、展示、発表会が行われました。

 私たちは「きらっと」の2階の体育館の半分を会場として20分ほど演奏をいたしました。「うるわしの春よ」「いつの日か/月の砂漠、証城寺の狸囃子、汽車のうた、みかんの花咲く丘、どんぐりころころ、赤とんぼ」「あしたの灯/出会いそして深めあい」。決して演奏会にふさわしい会場とはいいがたいですが、そんな中でもたくさんのお客様に集まっていただき、いっぱいの笑顔と拍手をいただきました。

 残念ながら藤井裕子先生にはピアニストとして出演いただけませんでしたが、団員の乾さんが代役を立派に果たしていただき、大きく貢献していただきました。私たちの演奏もよかったのではないかと。いつもながら自己評価は高いです(笑)。

 <余談>演奏の後は、パーテーションの陰でお着替え(更衣室は用意していただいていたのですが)。「きらっと」はガラス張りなので、カーテンの開いているところは外から丸見え…。ソプラノT女史に言わせると見るほうが悪いとのこと。知らずにその時体育館を見上げた方がおられましたら、運が悪かったと思ってお許しください。目の毒目の毒。いつもながら愉快な仲間です。

 田無公民館が開館したので、田無混声合唱団が創立されたといっても過言ではありません。これからもお世話になります。来年の公民館まつりも一緒に盛り上げていきたいと思います。ありがとうございました。

M.H.記

2015年4月24日(金)  出前コンサート(特別養護老人ホーム福寿園)

 

「しゃぼん玉から故郷」まで一緒に楽しんだ出前コンサート

 今回の出前コンサートは、4月24日金曜の午後2時からの30分間で、事前練習のため12時40分に現地に集合しました。会場は特別養護老人ホーム「福寿園ひばりが丘」さん。きれいな施設です。「ひばりヶ丘団地」バス停のすぐ前で、訪問は今回で2回目となります。

 「うるわし春よ」からスタートし、「しゃぼん玉」「揺籃のうた」「たんぽぽ」「七つの子」「夕焼け小焼け」「峠の我が家」、最後の「故郷」までの8曲をお届けしました。 進行はソプラノNさん、ピアノ伴奏はソプラノTさんとアルトKさんのお二人。手話はアルトHさんの説明付きで、ベテランTさん、Oさんに新人のKさん、Sも加わりました。 合唱団練習日の金曜日の出前に団員20名の参加がありました。出前初体験というKさんは介護施設での経験もあり、施設スタッフのお手伝いもしたそうでした。

 女性は白ブラウスにコサージュ、男性はネクタイ着用と申し分のないスタイルです。 美しいハーモニーにうっとりしていただくことも可能でしたが、今回はお客様に参加していただくこと優先の楽しいコンサートでした。笑い声も響き、お客様もスタッフの皆様も懐かしの童謡を私達と一緒に歌っていただき、手話でも一緒に体を動かしていただきました。短い時間でしたがとっても喜んでいただけたと思います。

 演奏終了後には「歌声に涙が出てしまいました。ありがとうございました。」というお言葉を頂戴しましたが、参加者の目もちょっとウルウルしてしまいました。こちらこそありがとうございました。元気をいただきました。

気持ちよく参加してくださった団員の皆様、お疲れ様でした。また、行きましょうね。
次の企画を待っています。

M.S.記

2015年3月2日(日)  出前コンサート(イリーゼ西大泉デイサービスセンター)

 

春は名のみの「早春賦」でスタートした出前コンサート

 出前の司会を仰せつかって、仕事場の広尾から保谷駅まで駆けつけました。何はともあれ、お腹に何かを入れねばと、短時間での昼食を済ませ、集合場所の保谷駅北口へ。
 今年初めての出前コンサートは、通算75回目です。場所は、西大泉にあるお馴染みのイリーゼです。イリーゼさんへの出前も11回目となりました。

 女性の服装は白ブラウスにコサージュ、男性もネクタイ着用といつも以上に御洒落度アップ。そうです。イリーゼ開設10周年記念の行事でもあるのですから、力が入りました。 自信のある姿だけでなく、自慢?の歌もお披露目せねばと、中瀬先生にお願いして、通常練習日では、出前の曲も念入りに練習していただきました。勿論、居残り練習も何回か重ねました。準備は十分。でも、当日練習なしでの本番です。団長の祝辞もあり、最初はちょっと緊張しつつスタートしましたが、大きな笑い声も響き、お客様もスタッフの皆様も楽しげに聞いてくださいました。

 本番に強いのか、実力なのか、演奏終了後には絶大なる賞賛のお言葉を頂戴し、参加者一同大いに気を良くしました。そして、お土産に、紅白の寿饅頭までいただき、ほくほくの笑顔で帰途につきました。今回も、施設から保谷駅までは、イリーゼさんの車で送迎していただきました。

 御協力いただいたピアニストの藤井裕子先生、手話を披露してくださったアルトのHさん、ソプラノのOさん、出前を企画してくださったアルトのKさん、ソプラノのYさん、そして、会場まで演奏用のキーボードを持ち込んでくださったバスのNさん、ありがとうございました。平日の出前に、入団間もない団員の参加もあり、20人での演奏をお届けすることができました。気持ちよく参加してくださった団員の皆様、お疲れ様でした。
また、行きましょうね。司会がしゃべり過ぎだったこと、反省しています。 

M.S.記

2015年1月25日(日)    新春コンサート&新年会

新年会写真

 平成27年1月25日(日)田無市民会館プレイルーム、松の間で新春コンサート&新年会が開催されました。

 例年のごとく午前9時からスタッフが会場準備、出演者のリハーサルの後、午前10時20分から新春コンサートのはじまり〜。バリトンのN氏の司会進行、団長の挨拶、そして全員合唱で幕を切り、その後隠し芸というか、本芸というのか皆様の自慢ののどやギター演奏などを聴かせていただきました。少ない練習時間だったかも知れませんが、それぞれ工夫を凝らし、アクシデントにもめげず、精一杯の演奏はどれも素晴らしくて、感動の時間を過ごさせていただきました。

 そして、心が満たされたあとは宴会(えんか〜〜〜い)。今年は出席者の負担を軽くするため、料理の持ち寄りは不要だったのですが、それでも何人かの方は差入れをしてくださり、相変わらずのにぎやかなテーブル。運営委員長の挨拶、長老S氏の音頭で乾杯!食事会突入〜〜です。たくさんの料理にまずは目で楽しみ、たくさんの料理をお皿に載せて、思いっきり頬張りました。美味しかったぁ。もちろん飲み物も充分用意され、最後はどうなることかと…。

 例年はほぼ全員がマイクを持って何かを(?)しゃべっていたのですが、今年はここも変更。隙を見ては歌、歌、歌。男声、女声合唱と紅白歌合戦になったり、全員で歌ったり、新春コンサートのアンコールがあったり、どんだけ〜〜というほど歌いました。

 この日は外も暖かかったのですが、会場内も「春」。この陽気、笑顔、元気が今後の練習に反映されることを願い、全員でお片付けをして解散しました。担当してくださったスタッフの皆様、本当にありがとうございました。皆様のおかげで田無混声がまた好きになりました。

H.M.記

2015年1月23日(金)  公開講座

 平成27年1月23日(金)に公開講座がコール田無の多目的ホールで開催されました。事前に市報等でお知らせしたり、チラシを作って公共施設に張り出したりと、いつもにもましてスタッフが熱心に取り組みました。そして当日は施設の入り口、ロビーにも看板が立てられ、ホールの入り口には受付。万全の態勢で7名のお客様をお迎えいたしました。

 最初は発声に必要な姿勢づくりと、簡単な腹式呼吸の練習、そして「いつの日か」を一緒に練習し、休憩。その時にお客さまのご紹介があって、講座なのに「聴きに来ました」とユーモアを交えて挨拶してくださる方、「混声合唱を経験してみたかった」という嬉しいお言葉。団員全員で大きな拍手で歓迎いたしました。後半は団員が舞台に立って「あしたの灯」を披露。今度は7名のお客様から大きな拍手をいただきました。

 練習後に2名の方が入団してくださることになり、感激しました。そしてお客さま全員が笑顔でお帰りいただいたので、ホッと一安心。良かったです。先生、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。

 この日、男性はいつもにも増して張りのある声で歌い、先生もビツクリ。女性も生き生きとした笑顔で歌いました。たくさんのお客様が刺激を与えてくれたようです。喜んでいただこうとして開催した公開講座が、私達に幸せを運んでくれました。本当に素晴らしい行事となりました。ありがとうございました。

H.M.記

2015年1月1日  Season's Greetings

新年明けましておめでとう御座います。

 田無混声合唱団ホームペ−ジへのアクセス有難うございます。本年もよろしくお願い致します。

 昨年は、5月の「田無公民館まつり」、9月の「第16回定期演奏会」、10月の「西東京市民文化祭」へと足をお運びいただき、田無混声合唱団の演奏を聴いてくださった皆様方、そして、日頃から田無混声合唱団をご指導ご支援くださった方々に心より御礼申し上げます。
 特に第16回定期演奏会では、前回の定期演奏会を上回るご来場と温かいご声援(拍手、笑顔)を多数いただき、充実感溢れるステ−ジを体験させていただきました。また、お客様アンケ−トも多数頂き、有難うございました。多くの激励のコメントの他、貴重なご意見・ご提言には真摯に耳を傾け、今後に反映させていただきます。

 今年は、次回の演奏会に向けてのスタートの年でもあり、昨年末新たに選曲された混声合唱組曲「あしたの灯(あかり)」と源田俊一郎編曲童謡メドレ−「いつの日か」の練習が、新春1月9日(金)からスタートします。あなたも仲間に入りませんか。今がチャンスです。1月23日(金)には、無料公開講座(公開練習)も予定しています。
 60名を越す団員で織りなすハーモニーを更に進化させ、優しく美しいハーモニーをお届けできるようにと思っています。
 引き続き5月に「田無公民館まつり」、秋に「西東京市民文化祭」での演奏を予定しています。更に施設等への訪問演奏(称して「出前コンサート」)のご用命もお待ちしています。

 そして今年も、「合唱団での練習は至福の時間」と、そんな声が聞かれるような「楽しい合唱団」でありたい。「みんなで支えあう地域の合唱団」を目指し、活動を継続してまいります。

今後ともご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。


田無混声合唱団 団長 光島宏明 

 

inserted by FC2 system