田無混声合唱団
 
HOME  団のあゆみ  指導者紹介  活動日記  団員募集  リンク  お問合せ  団員用(練習日程)

 活動日記 2017年 

演奏会、親睦会、ボランティア演奏(出前)、強化練習、その他いろいろな記録です。


 記事一覧
12/22
12/09
12/07
10/28
9/17
8/11
6/29
5/13
2/17
1/22
1/01

 2016年

 2015年

 2014年

 2013年

 2012年

 2011年

 2010年

 2009年

 2008年

2017年12月22日(金)  忘年会

 

 12月22日(金)午後9時15分、合唱の練習終わりで親睦係企画による忘年会を開催しました。会場は今年開店したばかりの「さかなや道場」。両先生もご参加いただき34名という大人数での開催となりました。なんて付き合いの良い人達でしょう。

 お鍋もあって、飲み放題で3000円ポッキリ。コストパフォーマンスも良くて、歌のパフォーマンスの良い私たち(反論は受け付けません)にはぴったりの会場でした。

 昨年は一人一人からミニコメントをいただいたのですが、今年はそれが出来なくて残念でしたが、それぞれのテーブルで好き勝手にしゃべり、笑い、愚痴をこぼしながら笑顔笑顔ではじけた時間を過ごしました。

 11時を過ぎても別れがたく…二次会に流れた方々もおられたようでしたが、とにもかくにも素敵な合唱団、素敵な人達です。来年の忘年会もよろしく!!(気が早いか…)。親睦係の皆様本当にありがとうございました。満足でしたぁ〜〜。

M.H.記

2017年12月9日(土)  出前コンサート(イリーゼ西大泉デイサービスセンター)



 イリーゼ西大泉デイサービスセンターに13名(伴奏はInさん)で出前コンサートに伺いました。こちらでもクリスマスの飾りつけが華やな部屋で、壁には連日の楽しそうなイベントがズラリ!その中に9日(土)「田無混声合唱団」の文字が見えました。去年も同じ時期お招きいただいたので懐かしく感じます。

 中一日の出前連続なので、曲は同じで冬の曲、クリスマスソングが中心です。知られている曲は良いですね。皆さん自然に一緒に歌っていただけます。ノリの良いセンターのスタッフさんが「ゆっくり歌ってください。一日は長いですから」と盛り上げてくれて、全体の雰囲気が更に和らぐのがわかります。

 そしてゲームコーナー。後出しじゃんけんですが、ちょうど私たちの始まる直前に、偶然同じゲームをしていたようで、くしくも第二回戦の格好に。私たちもお客様と1対1で対戦し会場もより和みます。

 讃美歌やクリスマスソングを一緒に歌い、いつものように、ラストに手話付きの「故郷」を全員で熱唱! 締めのご挨拶をしたところで「それ、アンコール! それ、アンコール!」の声が! しかも「諸人こぞりて」の重低音が聴きたい、と曲をご指名。これには応えないわけにはいきません。「諸人こぞりて」そして「お正月」を一緒に歌って、お正月の手話も覚えて、盛りだくさんで終了。皆さんにご満足いただけたかな、と思います。

 今日も冬の晴天。私たちの心も晴れやかでした。センターの皆様、団のスタッフの皆様、有難うございました。

T.K.記

2017年12月7日(木)  出前コンサート(西東京市谷戸高齢者在宅サービスセンター)



 西東京市谷戸高齢者在宅サービスセンターにピアニストの飯塚先生含め17名で出前コンサートに伺いました。毎年同じ時期にお招きいただいており、有難いことです。クリスマスの飾りつけも華やかな明るい広い部屋に30名近い方々がお待ちでした。

 今回は冬の曲、クリスマスソングが中心です。知られた曲も多いので、皆さん聴くだけでは無く口ずさんでいらっしゃるのが良く判ります。音楽は瞬時にして人の心と心を繋いでくれる不思議な魔法だと感じます。

 そして途中でゲームコーナー。単純なじゃんけんの応用ですが、結構難しく面白い。各団員もお客様と1対1で対戦! 会場の雰囲気も一段と和らぎます。

 一緒に歌える曲にはセンターの職員の方から全員に歌詞が配られます。「たきび」では「お芋も用意しなきゃ!」と言う声もかかりました。みなさん大きな口を開けて、昔を懐かしむように歌うのを楽しんでおられました。ラストは定番の手話付きの「故郷」。私達もお客様も皆で手話。歌詞の言葉を確認し手で表現しながら、全員一体となって熱唱。

 暦では「大雪」ながら、比較的穏やかな冬の晴天の日、気持ちも温かく出前コンサートを終えることができました。センターの皆様、先生、団のスタッフの皆様に感謝です。

T.K.記

2017年10月28日(土)  西東京市民文化祭



■日時 2017年10月28日(土)11:13〜11:24
■会場 保谷こもれびホール
■曲目
  1.「旅/旅立つ日」
  2.「海鳥の詩/エトピリカ」
  3.「聞こえる」
■指揮 中瀬日佐男  ピアノ 飯塚環

 西東京市民文化祭<合唱の集い>に参加いたしました。
 今年は午前のしかも3組目という早々の出番でしたので、10時30分にはリハーサル室前に集合して出番を待ちました。たくさんの団体が出演しますので、分単位できっちりと進行していきます。リハーサル室前・中、舞台袖には文化祭スタッフが詰めていて、出演者が時間通りに、しかも気持ちよく歌えるように配慮していただいていました。

 今回の演奏曲は来年の演奏会曲からの抜粋ですが、どれも私たちがノリノリで歌える楽しい曲ばかり。調子に乗って暴走しないか先生も心配するほど、イケイケで歌いました。

 といって開演したばかりですので、せっかくの素晴らしい演奏も聞いて下さるお客さまがいないのではないかと思いましたが、それでも100名以上はおられて、演奏後惜しみない拍手をいただきました。

 良く言われることですが、ホールやお客さまが歌わせてくださるとはまさにその通りで、こもれびホールの響きが気持ちよくて、お客さまの視線も温かくて、通常の練習の何倍もの力が出たと思います。

 演奏後も数人の方々には舞台係など引き受けていただき、団を代表して文化祭の運営に活躍していただきました。今日まで何回も会議に出席して企画を立ててくださった皆様にもありがとうございました。来年も出演できるように精進していきます。

M.H.記

2017年9月17日(日)  出前コンサート(イリーゼ東久留米)



 テレビではずっと台風情報が流れていて、前日からその行方を気にしていたのですが、そんな台風のまっただ中、イリーゼ東久留米さんで「敬老会」が開催されました。歌の実力はともかくも、一度約束したことはきちんと守ります。予定していたメンバーが雨風の中、笑顔で集合しました。

 個人情報の問題もあって、写真が…。でも、なんとなく頑張って歌っていることがわかっていただけると思います。また、会場が用意してくださっていた歌集をお客さまがしっかり見て、どの曲も全員大きな声で歌いましたし、手話も取り入れた進行でしたが、お客さまも一緒に楽しんでいただけました。

 特に「チューリップ」の手話はアルトのHiさんが丁寧に説明してお客さまと一緒にしたのですが、♪どの花見ても〜♪と咲いているチューリップを指す仕草のところで、男性のお客さまが花ではなく目の前のアルトの女性陣を指差して、喜んでおられました。さて「どの花見ても…」のあとにはどんな言葉が続くのでしょう。当然「きれいだね」ですね。ピンクの衣装で良かった!!

 コンサート終了と同時に「アンコール」の声が。あいにくアンコール曲は用意していなかったのですが、お客さまからのリクエストで「故郷」を歌いました。アンコール!!って嬉しいですね。

 施設の皆様からはお茶やジュースをご馳走になりました。お気遣い感謝です。こちらも、いずれお世話になるかもしれませんので、たっぷりサービスをさせていただきました(笑)。というわけで、90回にも近くなった出前コンサート、これからも楽しく続けていきます。お忙しい中参加してくださった飯塚先生、今回も色々準備してくださったスタッフの皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

M.H.記

2017年8月11日(金)  40周年記念親睦会(魚民)

 1977年6月、田無市に小さな混声合唱団が誕生しました。そして、今年無事に創立40年を迎えました。市制も変わり西東京市になりましたが、私たちは変わらずこの地で歌い続けています。40年!!奇跡とはいえないまでも、本当に素晴らしいことだと思います。この間17回の単独演奏会、100回に及ぶボランティア演奏(出前コンサート)、毎年の文化祭の出演など、その輝かしい活動は枚挙にいとまが無く…。どんだけ自画自賛(笑)。

 というわけで、ささやかではありますが祝賀会を開催しました。庶民的なタナコンの名に恥じず「魚民」で。出席者38名、指揮者、ピアニストも同席いただきました。練習終わりでしたので、21時からでしたが、23時30分までみっちり食べて飲んで、しゃべって!本当に楽しい時間を過ごしました。

 途中、団員歴の長い人から順にご挨拶をいただいたりもして、40年の歴史の重みも感じましたし、これからもそれを引き継ぎつつ、新しい歴史を作っていくのだというそれぞれの思いも強まったのではないでしょうか。

 どれだけ楽しかったのか。写真を撮るのも忘れ、どんな風に終わったのか覚えてもいず…(笑)。運営委員長のご挨拶で締めたらしいと人づてに聞いてという有様。きっと40年前も。そして今もこんな風に楽しい合唱団なのであります。

 今回は幹事の皆様の工夫で、座席をくじにしたので普段あまり話さない方達とも交流することが出来ました。春からずっと企画を考え、最後の締めまできちんと進めていただいた関係者の皆様に心からの感謝を忘れない私たちです。最後も自画自賛…。

M.H.記

2017年6月29日(木)  出前コンサート(福寿園ひばりが丘)

 福寿園ひばりが丘の皆様との楽しいひと時でした。好天下、陽光で明るいホールに大勢の方々に集まっていただきました。私たちは女声7名男声7名計14名、特に今回は男声の参加が多く何とも心強いこと。
 ピアノは飯塚先生にご都合をつけていただき、アルトkuさんの軽快かつ心優しい進行に乗って伸び伸びと40分間歌うことができました。

 野ばら・季節にちなんだ童謡・懐かしのメロディ・5月の田無公民館まつりから三曲。ユニゾン・二部・四部とバリエーションも豊かなプログラム。すぐ目の前の皆様が、聴くだけでは無く口ずさんだり身体を動かしていらっしゃるのが良く判ります。
 そして定番の手話付きの「故郷」。歌詞の言葉を確認し手で表現しながら、ホール一体となって熱唱。まだ少し時間が有りました。アンコールに「たなばたさま」を手話も交え全員で歌って閉幕。

 一曲一曲に盛大な拍手とお褒めの言葉を頂戴し、私たちの方も大いに元気付けられました。福寿園の皆様、先生、団のスタッフの皆様に本当に感謝!感謝!です。

T.K.記

2017年5月13日(土)  田無公民館まつり(きらっと2F多目的ホール)

 今年も田無公民館まつりに参加しました。朝からずっと雨…。駐輪場もガラガラ。誰もいないのかなあ(笑)。と心配しましたが、14時30分の開演のときにはいっぱいのお客様でやる気100%!!しかも前任のピアニスト藤井先生がお子様を連れて、来て下さいました。やる気20%増し。

「春に」「夢みたものは……」「心の瞳」「旅/なぎさ歩めば・行こうふたたび」の5曲を演奏しました。持ち時間が20分のため、間を置かず続けて歌いましたが、お客様からは曲ごとに拍手をいただき、しっかりと手ごたえを感じながら歌うことができました。

 「田無公民館まつり」は本当にローカルなイベントかもしれませんが、職員の皆様と田無公民館を利用する人たちが一体となって開催するアットホームなお祭りです。50円のホットコーヒーも美味しかったです。

 来年も大いににぎわう行事になりますように。田無混声もぜひ参加させていただきたいです。これから一年、公民館にはお世話になります。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

 ちなみに、事前練習は下宿地区会館で1時間ほど。ソプラノのT女史の指導でした。明るくユニーク、身振り手振りの楽しい練習でした。あわせて先生、ピアニスト、運営にかかわったスタッフの皆様ありがとうございました。

M.H.記

2017年2月17日(金)  団員総会



 2017年2月17日(金)田無公民館視聴覚室で1年1度の団員総会が開催されました。司会者、議長、書記、議案書ときちんとした形式を整え、出席者も40名近くで約2時間熱心な討議がなされました。

 2016年の活動や2017年の活動計画、会計決算、今年の予算などの基本的な報告のほか、団員の質問や意見など自由な発言の場もあり、とても活気のある総会となりました。

 新スタッフからも提言がありましたが、運営を簡素化したいという一方で、できるだけ団員総意に基づいた運営を心掛けたいというなかなか両立の難しそうなことや、練習開始時間のこと、団費のこと、とても2時間では解決できません。出来ればこの場での多数決が望ましかったのですが、準備が必要でしたので、後日になりました。残念。でも何事も一歩一歩、あせらず、それでいて着実に善処していくことができますように。

 この気持ちがあれば「田無混声」は50年100年と続いていくのではないでしょうか。

 今年創立40年。1977年5月に設立と思っていたら、6月から活動開始とか。40年目に訂正…(;^_^A アセアセ・・・ (笑)。こんなお茶目な合唱団ですが、これからも応援お願いいたします。

M.H.記

2017年1月22日(日)  新春コンサート & 新年会




















 2017年1月22日(日)コール田無で新春コンサート&新年会が開催されました。

 新春コンサートは地下の多目的ホール。10時から任意練習が始まり皆熱心に練習に励みます。11時から順不同でリハーサル。それぞれにお昼を摂って開演準備完了。今年はインフルエンザも流行する寒い時期、それでも40名近い方が集まりました。

 13時から新春コンサート開演。バリトンNaさんとアルトWaさんの司会進行、団長の挨拶、そして全員合唱で幕を切り、15組が新春にふさわしく華麗な歌声、素敵なハーモニー、洒落た振り付け、アッと驚く仕掛けを披露していただきました。

 1月に入ってから、通常練習前後にもピアノを囲んでグループごとに熱心な練習が見られましたが、やはり皆さんサスガ! 聴かせてくれます、見せてくれます。日頃の個々人の努力を土台に今回用の練習をかなり積み重ねた成果なんでしょうね。どれも素晴らしく感動しました。

 また、お忙しい中、飯塚先生も駆けつけてくださり、とてもムーディな素敵なピアノ演奏でコンサートに花を添えていただきました。ありがとうございました。
 全員合唱で締めて記念撮影、後片付けをして今度は新年会準備へ。

 15時から2階イベントホールで新年会開始。昨年は料理が若干不足気味だったそうですが、今年は差し入れも含め飲み物食べ物とも十分な量でした。限られた予算の中で豪華な雰囲気を準備されたスタッフの皆様の努力の成果ですね。感謝!

 テーブルの周囲では、あちこちで楽しい会話が。新年の舞台を無事終えた安堵感と仲間意識の高揚に、お酒も回って一段と話が弾みます。60人近い団内では普段はなかなか話す機会の無い方々も多いので、とても良い企画ですね。一人ひとり新年の抱負等を語り、わいわいやってたら、あっという間に終了時間。最後は副団長の「一丁締め」で無事にお開きに。片付けをして皆さん満足顔での解散となりました。

 楽しく充実した一日でした。これも担当してくださったスタッフの皆様のお陰です。本当にありがとうございました。田無混声のパワーの強さですね。今年も一段と飛躍しましょう!

T.K.記

2017年1月1日  Season's Greetings

新年明けましておめでとう御座います。

 田無混声合唱団ホームペ−ジへのアクセス有難うございます。本年もよろしくお願い致します。

 昨年は、5月の「田無公民館まつり」、10月の「第17回定期演奏会」・「西東京市民文化祭」へと足をお運びいただき、田無混声合唱団の演奏を聴いてくださった皆様方、そして日頃から田無混声合唱団をご指導ご支援くださった方々に心より御礼申し上げます。
 特に昨年10月の第17回定期演奏会では、前回の定期演奏会を上回る方々のご来場と温かいご声援(拍手、笑顔)を多数いただき、充実感溢れるステ−ジを体験させていただきました。また、お客様アンケ−トも多数頂きました。多くの激励のコメントの他、貴重なご意見・ご提言に真摯に耳を傾け、今後の活動に反映させていただきます。ありがとうございました。

 今年は団結成40周年を迎える年であり、次回の演奏会に向けてのスタートの年でもあり、昨年末新たに選曲された混声合唱組曲「旅(佐藤眞作曲)」の練習が、新春早々1月6日(金)からスタートします。

 『あなたも仲間に入りませんか。今がチャンスです』

 60名に及ぶ団員で織りなすハーモニーを更に進化させ、より優しく美しいハーモニーをお届けできるようにと願っています。
 5月に「田無公民館まつり」、秋には「西東京市民文化祭」での演奏を予定しています。更に施設等への訪問演奏(称して「出前コンサート」)も予定しています。

 そして今年も、「合唱団での練習は至福の時間」と、そんな声が聞かれるような楽しい合唱団でありたいと願い、みんなで支えあう地域の合唱団として、活動を継続してまいります。

 今後ともご指導・ご支援を、よろしくお願い申し上げます。

田無混声合唱団 団長 光島宏明 

このページのトップへ

inserted by FC2 system